安倍謂奈麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
安倍謂奈麻呂
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
別名 氏:阿倍、名:為奈麻呂、猪名麻呂
官位 従五位上権右少弁
主君 光仁天皇桓武天皇
氏族 安倍氏
父母 父:阿倍船守
鷹野、犬養
テンプレートを表示

安倍 謂奈麻呂(あべ の いなまろ)は、奈良時代貴族阿倍。名は為奈麻呂猪名麻呂とも記される。中務大輔・阿倍船守の子。官位従五位上権右少弁

経歴[編集]

宝亀2年(771年従五位下叙爵。宝亀5年(774年図書助、宝亀8年(777年治部少輔と京官を歴任したのち、宝亀11年(780年但馬介として地方官に転ずる。

光仁朝末の天応元年(781年)権右少弁に任ぜられて京官に復し、桓武朝の延暦2年(783年)従五位上に叙せられている。

官歴[編集]

続日本紀』による。

系譜[編集]

  • 父:阿倍船守[1]
  • 母:不詳
  • 生母不明の子女

脚注[編集]

  1. ^ a b 宝賀[1986: 375]
  2. ^ 『日本後紀』大同4年閏2月28日条

出典[編集]