安倍真直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安倍 真直(あべ の まなお、生没年不詳)は、平安時代初期の貴族は阿倍小殿朝臣のち安倍朝臣。官位正五位下左少弁

経歴[編集]

左京出身。元は阿倍小殿朝臣を名乗っていたが、延暦25年(806年)に同族の真出とともに安倍朝臣姓に改姓する(この時の位階正七位上)。

大同3年(808年平城天皇の勅命を受けて侍医出雲広貞とともに医学書『大同類聚方』100巻を撰述した[1]。ただし、当時の真直の官職衛門佐左大舎人助であり、その後も医学に関わる官職に任じられた記録が無いため、真直がなぜ医学書編纂に関与したのかは明らかでない。その後平城朝において、右大舎人助・右衛士佐・少納言左近衛少将を歴任し、大同4年(809年)従五位上に昇叙された。

嵯峨朝の弘仁2年(811年周防守に任じられ地方官に転ずるが、まもなく主殿頭豊後守と再び京官を務めた。その後、弘仁3年(812年権左少弁弘仁6年(815年左少弁と弁官を歴任し、弘仁11年(820年正五位下に至っている。

官歴[編集]

日本後紀』による。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本後紀』大同3年5月3日条

参考文献[編集]