宇田川憲一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇田川 憲一(うだがわ けんいち、1949年4月5日 - )は、日本の実業家東ソー代表取締役社長、電気化学会会長、日本ソーダ工業会会長、相模中央化学研究所理事長などを歴任。全国発明表彰21世紀発明貢献賞受賞。

人物・経歴[編集]

東京都足立区出身[1]。1972年東京工業大学工学部高分子工学科卒業、東洋曹達工業(現東ソー)入社。1988年アメリカ合衆国の子会社に副社長として出向し、1989年から4年間社長を務めた[2]。1996年塩ビ海外プロジェクト統括チーム・リーダー。1998年石英事業室次長兼務。2000年社長室生産・技術グループリーダー兼連結経営グループ・サブリーダー兼務。2001年理事構造改革本部生産・技術グループ・リーダー兼連結経営グループ・サブリーダー。2003年ATプロジェクトチーム・リーダー兼務。2004年取締役研究企画グループ・リーダー、TGCプロジェクト統括チーム・リーダー兼務。2007年取締役TGCプロジェクト統括チーム・リーダー。2008年常務取締役南陽事業所長。2009年から代表取締役社長を務め、[3]南陽事業所爆発火災事故への対応などにあたった[4]。2016年取締役相談役[5]山口銀行取締役[6]。2017年度電気化学会会長[7]。2018年東ソー名誉顧問。2019年サンゲツ取締役(監査等委員)[6]相模中央化学研究所理事長[8]東ソー奨学会理事長[9]塩ビ工業・環境協会会長[10]日本ソーダ工業会会長[11]日本化学工業協会副会長[12]なども歴任。全国発明表彰21世紀発明貢献賞受賞[13]

脚注[編集]

[脚注の使い方]


先代:
土屋隆
東ソー社長
2009年 - 2016年
次代:
山本寿宣
先代:
菅原公一
日本ソーダ工業会会長
2010年 - 2012年
次代:
石村和彦
先代:
田代圓
相模中央化学研究所理事長
2013年 - 2019年
次代:
西澤恵一郎
先代:
森俊三
塩ビ工業・環境協会会長
2014年 - 2016年
次代:
角倉護
先代:
西原寛
電気化学会会長
2017年 - 2018年
次代:
渡邉正義