子持鯉の煮付

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

子持鯉の煮付(こもちごいのにつけ)とは、卵を抱えたメスのを筒切りにして、醤油などで煮た料理。子持鯉の旨煮、子持鯉のあめ煮とも言い滋賀県の郷土料理。京都市周辺でも食されている。

作り方[編集]

  • 材料〈4人分) 子持ち鯉‥・1尾
  • 煮汁(割合)酒2.5、濃口醤油1、味醂0.5、砂糖1
  • コイのウロコとヒレを切取る。
  • 苦玉をつぶさないよう頭を切落とし、苦玉を取り除き、身の両面に細かく包丁を入れてから筒切りにする。
  • 水洗いした後に熱湯をかけて霜降り状態にしたら、水気を拭く。
  • 鍋にコイを重ならないように並べ、酒と濃口醤油、味醂、砂糖を合わせて火にかけて煮詰める。

関連リンク[編集]