子ども予防接種週間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

子ども予防接種週間(こどもよぼうせっしゅしゅうかん)とは、保護者をはじめとした地域住民の予防接種に対する関心を高め、予防接種率の向上を図ること目的として、2004年に日本で制定された週間。

入園入学前で保護者の予防接種への関心を惹起する時期であることから、毎年、3月1日から3月7日の1週間行われている。主催は日本医師会日本小児科医会厚生労働省、後援は「健やか親子21」推進協議会。

この期間に、賛同した医療機関や各地域の予防接種センターが、種々の予防接種の相談に応ずるとともに、通常の診療時間に予防接種が受けにくい人たちに対し、特に土曜日日曜日に予防接種を行っている。また、予防接種についての講習会が開催され、予防接種への普及・啓発に努めている。

予防接種法結核予防法に基づく予防接種を原則とし、特に麻疹風疹が重点におかれている。なお、任意接種(予防接種法、結核予防法に定められていない予防接種)については、かかりつけ医と十分に相談のうえ、実施することとしている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]