奥雅博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奥 雅博(おく まさひろ、1941年11月 - 2006年1月17日)は、日本の哲学研究者、大阪大学名誉教授。科学哲学ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインが専門。

兵庫県生まれ。1965年東京大学教養学部卒。1969年同大学院人文科学研究科哲学博士課程中退、東京大学文学部助手、1970年新潟大学専任講師、1973年大阪大学文学部助教授、1989年教授、2005年定年退官、名誉教授。2006年、虚血性心疾患のため死去、64歳[1]

著書[編集]

  • ウィトゲンシュタインの夢 言語・ゲーム・形式 勁草書房 1982.9
  • 思索のアルバム 後期ウィトゲンシュタインをめぐって 勁草書房 1992.3
  • ウィトゲンシュタインと奥雅博の三十五年 勁草書房 2001.5

翻訳[編集]

  • 記号論理学の綱要 I.M.ボヘンスキー 国嶋一則共訳 第3版 勁草書房 1970
  • ウィトゲンシュタイン全集 1 論理哲学論考ほか 大修館書店 1975
  • ウィトゲンシュタイン全集 2 哲学的考察 大修館書店 1978.10
  • 倫理と行為 ピーター・ウィンチ 松本洋之共訳 勁草書房 1987.10

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 奥雅博氏死去 大阪大名誉教授