失われた私

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

失われた私』(うしなわれたわたし、Sybil: The True Story of a Woman Possessed by Sixteen Separate Personalities)はフローラ・リータ・シュライバー著書1973年に発表された。

16の人格を持つ解離性同一性障害のアメリカ人女性(作中での名はシビル・イザベル・ドーセット)の生涯を描いたノンフィクション

著者はシビルの精神分析医であるコーネリア・ウィルバー博士の手配により、1962年秋にシビルと初めての会合を果たした。以後、著者はシビルと親しい友人としてつきあうようになり、シビルの分析が終了する1965年からさらに7年の準備期間を経て、この小説を刊行するに至った。アメリカでは非常に大きな反響を呼び、刊行後数ヶ月にわたってベスト・セラーズのトップ10に名を連ねた。

2011年に出版された検証本『Sybil Exposed: The Extraordinary Story Behind the Famous Multiple Personality Case』(著:デビー・ネイサン英語版)によって、本書の内容がアメリカ人女性、医師、著者による捏造である可能性が高いことが明らかとなった。

シビルの人格[編集]

  • シビル・イザベル・ドーセット(1973年) 基本人格。IQ170で絵の才能をもつが、自信がない。
  • ヴィクトリア・アントワネット・シャロー(1926年) 自信のある、優雅で洗練されたフランス人女性。シビルの全自我の記憶を持っている。
  • ペギー・ルー・ボールドウィン(1926年) 独断的・情熱的で子供っぽく、時に破壊的。シビルの抑圧された怒りを発散する。白と黒で絵を描く。
  • ペギー・アン・ボールドウィン(1926年) ペギー・ルーの片割れ。ペギー・ルーに似ているが、怒りより不安を表現することが多い。
  • ナンシー・ルー・アン・ボールドウィン(出現年不詳) 怯えて興奮していることが多い。世界の終わりについての予言を盲信している。
  • ルーシー・ドーセット(出現年不詳) 2歳児。
  • クララ・ドーセット(出現年不詳) 正統派キリスト教の狂信的な信徒。シビルに批判的。
  • マーシャ・リン・ドーセット(1927年) シビルと同じように感じるが、感情の揺れ幅が大きい。作家で画家。
  • シビル・アン・ドーセット(1928年) 完全に無気力で萎縮している。
  • マージョリー・ドーセット(1928年) 平静で快活。冗談好きでよく笑う。自我の中では珍しく、抑圧されていない。
  • マイク・ドーセット(1928年) 二つの男性自我の一つ。建築家で大工。
  • シド・ドーセット(1928年) 二つの男性自我の一つ。大工で、何でも手がける修理屋。
  • ヘレン・ドーセット(1929年) 野心家で、ひとかどの人間になりたいと思っているが、宗教や芸術には興味がない。シビルの母を恐れている。
  • メアリ・ルシンダ・ソーンダーズ・ドーセット(1933年) 思慮深く家庭的だが、丸々太っていて容姿にコンプレックスを抱いている。
  • ヴァネッサ・ゲイル・ドーセット(1935年) 明朗快活。教会を軽蔑している。自我の中で唯一ピアノを弾く。
  • ブロンドの女(1946年) 無名。永遠のティーンエイジャー。

映画化[編集]

1976年Sybil(原題)サリー・フィールド主演)の題名で映画された。また、2007年、『多重人格・シビルの記憶』という題名でテレビ映画化され、日本ではWOWOWで放送された。

関連項目[編集]