太陽高度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

太陽高度(たいようこうど)とは、地平線方向を0度とし、天頂(頭の真上)を90度として測った角度のこと。略号としてhが使われる[1]

また、1日の高度変化の中で子午線通過時が最高角度となり、日本では南中高度という[2][3]

[編集]

ここで

  • は、太陽の天頂角
  • は、 太陽の仰角または太陽高度角  =   90°   –  
  • は、現地の太陽時における時角
  • は、現在の太陽の赤緯。
  • は、緯度

用途[編集]

日の出日の入り[編集]

日没と日の出は、天頂角が90°のときに(おおよそ)発生。ここで、時角h 0は満たして

アルベド[編集]

地球のアルベドの計算に使用される加重日平均天頂角は、

ここで、 Qは瞬間放射照度

特殊角度のまとめ[編集]

  • 赤道にいる場合は90°、昼の日は太陽の12時間
  • 日没または日の出の0°付近
  • 夜間(真夜中)-90°〜0°

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 太陽高度|日食データの用語|日食の用語集”. eclipse-navi.com. 2020年5月22日閲覧。
  2. ^ たいようこうど【太陽高度】 | た | 辞典” (日本語). 学研キッズネット. 2020年5月22日閲覧。
  3. ^ 質問1-9)太陽の南中高度はどうやって計算する?” (日本語). 国立天文台(NAOJ). 2020年5月22日閲覧。