太東埼灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
太東埼灯台
太東埼灯台
太東埼灯台の位置(千葉県内)
太東埼灯台
航路標識番号
[国際標識番号]
1875 [M6472]
位置 北緯35度18分29.4秒 東経140度24分46.7秒 / 北緯35.308167度 東経140.412972度 / 35.308167; 140.412972
所在地 千葉県いすみ市岬町和泉3508
塗色・構造 白亜塔形
灯質 単閃白光 毎10秒に1閃光
光達距離 21海里
塔高 16 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 72 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1950年(昭和25年)11月
管轄 海上保安庁
第三管区海上保安本部
テンプレートを表示

太東埼灯台(たいとうさきとうだい)は、千葉県太東崎に立つ白亜塔形(円形)の中型灯台。周辺は、南房総国定公園に指定され、太平洋九十九里浜を望むことができる。現在の灯台は2代目で、初代は海沿いに建てられたが、海岸浸食で倒壊の恐れが出たために、100m後方の現在地に移築された。当初は有人灯台であったが、現在は無人化されている。海抜58mの高台に高さ16mの白亜の塔は、21海里先まで照らし、海の安全を守っている。

歴史[編集]

  • 1950年昭和25年)11月 - 設置。
  • 1952年(昭和27年)5月 - 初点灯される。
  • 1972年(昭和47年) - 現在地に改築。

アクセス[編集]

  • JR外房線太東駅下車、約4キロ。徒歩約45分。
  • 駐車場:10台程度、国道128号線より灯台へ向かう道は狭路で、灯台手前は坂もきつく、乗用車のすれ違いも難しくなる。中型車以上は通行不可能。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]