天王寺きつね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天王寺キツネから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

天王寺 きつね(てんのうじ きつね、1965年9月28日 - )は、大阪府出身の漫画家。男性。

来歴[編集]

天王寺動物園」、「天王寺水族館」というペンネームを経て現在のペンネームになった。同人活動や成人向け漫画を経て、現在はファンタジー作品を中心に一般向け漫画を執筆している。

同人活動時代は様々な題材を手掛けたが、特にロードス島戦記ディードリットを好んで描いた。ディードリットは現代日本の創作におけるエルフの視覚的イメージを決定付けたキャラクターであるが、当時の天王寺きつねの同人誌は、その認識を加速させる一要素となった。

また、現在も同人サークル「わくわく動物園」を主宰しているほか、アダルトゲームブランド「LiFox」や女性向けゲームブランド「TEA-CROWN」の代表を務め、コンピュータゲームの制作も手がけている。

主な著作[編集]

漫画[編集]

ゲーム[編集]

  • in white(LiFox、原画・シナリオ原案)
  • 御魂のゆき(LiFox、プロデュース)
  • 自律機動戦車イヅナ(TEA-CROWN、プロデュース)

コラム[編集]

  • 天王寺&猿のHyperAuraAnimation(角川書店)月刊『コンプティーク』 1995年8月号-1996年1月号

アシスタント出身者[編集]

外部リンク[編集]