大野剛浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおの たけひろ
大野 剛浩
生誕 (1967-06-03) 1967年6月3日(55歳)
日本の旗 日本 北海道苫小牧市
国籍日本の旗 日本アルゼンチンの旗 アルゼンチン
職業料理人、栄養専門家、講師
テレビ番組プレゼンター、起業家

大野 剛浩(おおの たけひろ、1967年6月3日 - )は、日本北海道苫小牧市生まれ、アルゼンチンで活動する、レストラン経営コンサルタント、栄養士、講師、プレゼンター、起業家、料理人[1]

経歴[編集]

北海道苫小牧市生まれ、士族移民屯田兵の血を引いている。1989年西九州大学食物栄養学科、1990年に大阪辻学園調理技術専門学校スペイン料理科を卒業し、その後、スペイン料理を本格的に学んだ。函館市レストランバスクで修行したことを契機に、1993年スペイン・サンセバスチャンへ渡り、レストランスーベロアで2年間のスタジエの後、スペイン労働ビザを取得、その後2年修行[2]1996年アルゼンチンへ渡り、Rosa Negra, Novecento、等でシェフを務める。2000年日本へ一時帰国しレストラン経営を学び、2005年からは、アルゼンチンで定住するようになった。ブエノスアイレスで自分のレストラン「OHNO Obsoleto Bistró」を開いた[3]

2008年から南米全土(スペイン語圏)で料理番組に出演するようになり[4]、チャンネル「El Gourmet」で10年間続いた番組『OHNO』で有名になった。現在、レストラン経営コンサルタント、料理講習会、講演や、UADE大学で講義をしている[5]

アルゼンチン人の女性(後に離婚)との間に、長女、繭子・Maiuko と 長男、銀吾・Gingoの父親である[6]

2015年、大野は「中南米諸国における日本食文化普及の功績」が認められ、日本の外務省から外務大臣表彰式を受けた[4]。また、2016年には、日本の農林水産省から「日本食普及の親善大使」のひとりに任命された[7]。2019年には、農林水産大臣賞を受賞。

テレビ[編集]

大野は、『“Fusión cúbica”』、『“Narda en Japón』、『4 chefs 4 ingredientes”』といった料理番組に協力し、またゲスト出演した。さらに、以下の番組でプレゼンターとなった[8]

  • Ohno
  • O3.Oriente, Occidente, Ohno.
  • Gourmet Responde (Temporada 2)
  • Desde el jardín. Ohno.
  • Ohno en Japón
  • Okashi. Dulces. Ohno.
  • Ohno cotidiano
  • Ohno Express (2016)

脚注[編集]

  1. ^ En cada plato cuenta su historia”. El Observador (2013年9月6日). 2013年9月8日閲覧。
  2. ^ 大野剛浩氏による和食講演・デモンストレーション(日本人移住80周年記念事業)”. パラグアイ日本人移住 80周年 (2016年3月14日). 2018年6月9日閲覧。
  3. ^ Dixit Oleo (2013年3月). “Takehiro Ohno en Obsoleto Bistro”. 2013年9月8日閲覧。
  4. ^ a b 大野剛浩氏に対する外務大臣表彰式”. 在アルゼンチン日本国大使館 (2015年10月16日). 2018年6月9日閲覧。
  5. ^ Tedx Córdoba (2013年). “Takehiro Ohno”. 2013年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月8日閲覧。
  6. ^ Noticias (2013年). “Takehiro Ohno: “Acá me enseñaron a ser más flexible””. 2015年3月9日閲覧。
  7. ^ 大野剛浩氏の日本食普及の親善大使任命式”. 在アルゼンチン日本国大使館 (2016年7月27日). 2018年6月9日閲覧。
  8. ^ Gourmet. “Takehiro Ohno”. 2015年3月9日閲覧。

外部リンク[編集]