大淀昇一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大淀 昇一(おおよど しょういち、1942年 - )は、日本教育学者歴史社会学者である。

経歴[編集]

1942年大阪市生まれ。1967年東京大学教育学部卒業。1969年同大学院修了。その後、東京工業大学島根大学東洋大学で教員を務める。近代日本における科学技術教育の社会史、太平洋戦争中と戦後の高度経済成長過程における人的資源政策を主要な研究テーマとする[1]。日本教育学会、日本産業教育学会(2004年10月より理事長)、日本教育社会学会、日本科学史学会等に所属[2]

著書[編集]

  • 『宮本武之輔と科学技術行政』(東海大学出版会、1989年)
  • 『技術官僚の政治参画』(中公新書、1997年)
  • 『近代日本の工業立国化と国民形成』(すずさわ書店、2009年)
  • 『教育入門―文献で読み解く教育の社会的基盤』(放送大学教育振興会、2011年)※岩木秀夫との共著

脚注[編集]