大洲西地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道197号標識

大洲西地区(おおずにしちく)は愛媛大洲市北只から平野町に至る、延長2.4kmの道路である。全長の半分を大洲西トンネルが占めている。 この区間の旧道は、旧城下町の大洲市街を通過していたため、道路幅員も最小5.5mで直角に曲がる箇所が3箇所ありしかも歩道がなく通行に支障があった。


概要[編集]

  • 起点:愛媛県大洲市北只
  • 終点:愛媛県大洲市平野町
  • 延長:2.4km
  • 規格:第3種第2級
  • 車線数:完成2車線
  • 道路幅員:11m
  • 車線幅員:3.25m
  • 設計速度:60km/h

沿革[編集]

通過市町村[編集]

当該道路の位置関係[編集]

  • (八幡浜方面) - 国道197号
  • (須崎方面) - 国道197号

主な構造物[編集]

  •  大洲西トンネル(L=1078m)

参考文献[編集]

  • 大洲工事五十年史

関連項目[編集]