大津広美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大津 広美
大津広美
基本情報
国籍 日本の旗 日本
所属 富士急行
誕生日 (1984-05-22) 1984年5月22日(35歳)
出身地 北海道河西郡更別村
身長 165㎝
体重 59㎏

大津 広美(おおつ ひろみ、1984年5月22日-)は、北海道河西郡更別村出身の元スピードスケート選手。身長165cm、体重59kg。

略歴[編集]

2003年3月白樺学園高等学校卒業。高校卒業後、富士急行スケート部に入部。社会人3年目となる2005年、同年のワールドカップトリノ大会のチームパシュートで3位となる。

初めてのオリンピックとなるトリノオリンピックでは1500mとチームパシュートに出場、1500mでは2分4秒77の33位に終わった。

チームパシュートではロシアとの3位決定戦でレース途中で転倒[1]、4位に終わる。ロシアをリードしていた状況での転倒について大津は「チャンスを逃したのは私の責任。本当に何があるか分からない」とコメントした[2]

2009年12月にエムウェーブで開催されたバンクーバーオリンピック代表選考会では持ち前の豪快な滑りが影を潜め、1,500mでは8位、3,000mでは5位に終わってオリンピック代表選手入りを逃した。

2大会連続のオリンピック代表入りが成らなかった大津は2010年1月に現役引退を表明し、同時に富士急行スケート部を退部[3]。引退後は富山市にある造園の専門学校に通いながら庭師を目指すとしている[4]

自己ベスト[編集]

  • 500m 40秒83
  • 1000m 1分18秒41
  • 1500m 1分56秒93
  • 3000m 4分5秒71
  • 5000m 7分11秒29

脚注[編集]

外部リンク[編集]