大毛神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大毛神社
所在地 愛知県一宮市大毛五百入塚73
位置 北緯35度20分39.95秒
東経136度48分18.07秒
主祭神 大御食都姫命
社格 式内社・旧郷社
創建 899年昌泰2年)
テンプレートを表示

大毛神社(おおけじんじゃ)は、愛知県一宮市にある神社である。旧社格郷社

式内社尾張国葉栗郡「大毛神社」である。

概況[編集]

  • 899年昌泰2年)創建。
  • 江戸時代には、「六社明神」、「六所明神」と称していた。
  • 大毛神社の別名として「ひながたの宮」と称されていたという。これは、景行天皇の皇女五百木入姫命(五百城入姫皇女)ゆかりの人形が祀られていたからという。ここの地名が五百入塚ということ、大毛神社の古跡として、庵入塚、天子塚、景行天皇墓が挙げられている(葉栗史誌)ことから、景行天皇、五百木入姫命に関わりが深いと言われている。
  • 1872年(明治5年)、元の大毛神社に改称し、村社になる
  • 1925年(大正14年)、郷社になる。

祭神[編集]

祭神ではないが、五百木入姫命も信仰されている。

交通機関[編集]