大森公式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大森公式(おおもりこうしき、Omori formula)は、地震で初期微動継続時間から、震源距離(観測地点から震源までの距離)を求める式である。また地震波の速度からいつ地震が来るかを予想できる。

1899年大森房吉が発表した。

初期微動継続時間と震源距離[編集]

震源距離を 、P波の速度を 、S波の速度を 、初期微動継続時間を とすると、

P波の到着にかかった時間
S波の到着にかかった時間
初期微動継続時間t

予想される震源距離÷地震波(初期微動)でt波の訪れを予測できる

震源距離


は通常6 - 8 km/秒で大森係数 と置かれ、大森公式は

である。

余震に関する大森公式[編集]

余震に関する大森公式(または、大森則、Omori formula for aftershock あるいは Omori's law)は、本震後の余震の回数が時間に関してべき乗則にしたがい減衰することをあらわす式である。1894年大森房吉が発表した。

本震からの経過時間tにおける単位時間あたりの余震回数 は次のようになると報告。

改良大森公式[編集]

後の1957年および1961年宇津徳治がこれを以下のように修正している。

ここで は減衰に関する指数。

参考文献[編集]

(以下、和文名は不明)

  • Omori, F. On the aftershocks of earthquakes, Journal of College Science, Imperial University of Tokyo, 7, 111., (1894)
  • Utsu, T. Magnitude of earthquakes and occurrence of their aftershocks (in Japanese). Jisin II (J. Seismol. Soc. Japan) 10, 35 – 45., (1957).
  • Utsu, T. Statistical study on the occurrence of aftershocks. Geophys. Mag. 30, 521 – 605., (1961).

外部リンク[編集]