大林梅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおばやし うめこ
大林 梅子
本名 大林 志づゑ -しづえ、出生名
鈴木 志づゑ すずき-、結婚後
別名義 大林 静子 -しずこ
生年月日 (1907-06-24) 1907年6月24日
没年月日 (1995-03-17) 1995年3月17日(87歳没)
出生地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市矢場町
(現在の同市中区3丁目)
死没地 日本の旗 日本
職業 女優
ジャンル 映画サイレント映画
活動期間 1925年 - 1933年 / 1948年
活動内容 1925年 マキノ・プロダクション入社
1931年 同社解散、松竹キネマ下加茂撮影所移籍
1933年 引退
配偶者 南光明
主な作品
浪人街 第一話 美しき獲物

大林 梅子(おおばやし うめこ、1907年6月24日 - 1995年3月17日[1])は、日本女優である。初期芸名は大林 静子(-しずこ)、出生名は大林 志づゑ(-しづえ)、結婚後の本名は鈴木 志づゑ(すずき-)である[1][2]

人物・来歴[編集]

1907年(明治40年)6月24日愛知県名古屋市矢場町(現在の同市中区3丁目)に「大林志づゑ」として生まれる[1]

1924年(大正13年)、東京市小石川区(現在の東京都文京区小石川)の淑徳高等女学校(現在の淑徳高等学校)を卒業する[1]。1925年(大正14年)、マキノ・プロダクション御室撮影所に入社[1][2]、同社社長のマキノ省三監督によるサイレント映画鎌腹』で、「大林静子」名義でデビューする[1]。翌1926年(大正15年)、中根龍太郎監督の『村に来た呑気者』で「大林梅子」に改名した[2]

1928年(昭和3年)、マキノ正博監督の『浪人街 第一話 美しき獲物』に女スリのお新役で出演[2]、同作は同年のキネマ旬報ベストテン第1位を獲得する。1930年(昭和5年)、マキノ・プロダクションでの女優ランクでマキノ智子松浦築枝に続く第3位に位置した[2]。1929年(昭和4年)当時の雑誌記事によれば、当時の身長は「5尺」(151.5センチ)、体重は「13貫800匁」(51.75キロ)、趣味は三味線とあった[3]

1931年(昭和6年)、マキノ・プロダクションが解散となり、夫の南光明とともに松竹キネマ下加茂撮影所に移籍した[1][2]悪麗之助監督の『紅蝙蝠 第一篇』が松竹入社第1作であった[2]。1933年(昭和8年)、二川文太郎監督の『又五郎兄弟』を最後に、サイレント映画の時代のうちに引退した[1]

第二次世界大戦終結後、1948年(昭和23年)に、溝口健二監督の『夜の女たち』、小坂哲人監督の『緑なき島』に出演している。1960年(昭和35年)3月25日、夫の南光明と死別した[4]

1995年(平成7年)3月17日、死去した[1]。満87歳没。

おもなフィルモグラフィ[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『芸能人物事典 明治大正昭和』、日外アソシエーツ、1998年、「大林梅子」の項。
  2. ^ a b c d e f g 『無声映画俳優名鑑』、無声映画鑑賞会編、マツダ映画社監修、アーバン・コネクションズ、2005年、p.175。
  3. ^ 『日本俳優名鑑 - 映画俳優の部』、「芝居とキネマ」昭和4年1月号新春付録、1929年、「大林梅子」の項。
  4. ^ 『無声映画俳優名鑑』、p.162。

外部リンク[編集]