大木勝博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 テコンドー
アジア競技大会
1986 ソウル ウェルター級

大木 勝博(おおき かつひろ、1963年12月25日 - )は、日本のテコンドー選手。群馬県出身。

経歴[編集]

国士舘大学サッカー部に所属していたが、閉塞感から大学2年の時にテコンドーに転向した。

1986年に第6回全日本テコンドー選手権でウェルター級で優勝、同年のアジア大会日本代表に選出された。

大韓民国の首都・ソウルで開催された第10回アジア大会でウェルター級に出場。テコンドーを国技とする韓国で強豪と互角に渡り合い、銅メダルを獲得した。

テコンドーが公開競技となった1988年のソウルオリンピック英語版ではフェザー級に出場[1]、準々決勝でサウジアラビアのIbrahim Al-Gafarに敗れてメダルを逃した[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ようこそ、神奈川県テコンドー協会のホームページへ!”. 神奈川県テコンドー協会. 2012年7月22日閲覧。
  2. ^ Saudi Athletes in Atlanta Strive to Build on Their Nation's Olympic Tradition (PDF)”. saudiembassy.net (1988年). 2012年7月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]