大月薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大月薫

大月 薰(おおつき かおる、1888年 - 1970年)は中華民国政治家である孫文の日本人妻。

1898年神奈川県横浜市の中華街で孫文と初めて面会し、1901年に孫文は薫の父に求婚の申し込みを行ったが、このときには拒否されている。その1年後、孫文は薫に直接求婚、両名の婚姻が成立した。

1906年5月、二人の間に娘(宮川冨美子)が生まれたが、冨美子誕生の前に、孫文は中国に帰国し、薫とは離婚。その後、薫は2度再婚している。娘の冨美子は横浜市内の宮川家に養育され、薫は1970年に死去している。享年82[1]

2008年、冨美子の息子(孫文と大月薰の外孫)である宮川東一は『日本に遺された孫文の娘と孫』を発表している[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]