大川尚士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大川 尚士(おおかわ ひさし、1941年 - )は日本の化学者九州大学名誉教授。

1991年、木田茂夫の後任として、九州大学理学部錯体化学講座教授に就任した。「多核金属錯体の合理的合成と特性に関する研究」で平成11年度(1999年度)日本化学会賞を受賞した[1]。九州大学理学部長を務めた[2]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1991年 - 九州大学教授

研究分野[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 歴史”. 九州大学理学部錯体化学講座. 2013年2月17日閲覧。
  2. ^ 九大広報第2号 新任部局長紹介”. 九州大学. 2013年2月16日閲覧。