大島正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大島正(おおしま ただし、1918年4月11日-1984年3月3日)は、スペイン文学者。

福井県出身。東京外国語学校スペイン語科卒。同志社大学商学部助教授、1962年教授。1966年給与所得者は過重な税負担を課せられているとして「サラリーマン税金訴訟」を起こした。一、二審で敗れ、最高裁に上告中病死[1]。1975年『魔女セレスティナ』で日本翻訳文化賞受賞。

著書[編集]

:共著

  • 『我、敗れたり、されど 大島正20年の軌跡』大島真理共著 中教出版 1985

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ デジタル版日本人名大辞典『大島正』 - コトバンク