大島城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大島城(おおしまじょう)は信濃国伊奈郡(現在の長野県下伊那郡松川町元大島)にあった日本の城である。別名台城 (だいじょう)。

logo
大島城
長野県
別名 台城
城郭構造 連郭式平山城
天守構造 なし
築城主 片桐氏
築城年 12世紀
主な改修者 秋山虎繁
主な城主 秋山虎繁、武田逍遥軒信綱
廃城年 天正10年(1582年
遺構 土塁、曲輪、堀、馬出し
指定文化財 なし

概要[編集]

平安時代末期、片桐氏(大島氏)により築城されたという。戦国期には武田信玄秋山虎繁(信友)に命じて大改修を施したとされ、永禄初年頃と推定される年未詳8月18日武田晴信書状では、虎繁と推定される「秋山善右衛門尉」と室住虎光の在城が確認される。虎繁は大島城を拠点に郡代(郡司)として伊那郡の支配を行った。

信玄後期~勝頼期の平山城の特徴である、台地の突端部を利用し戦闘正面を限定させる構造となっている。甲州流築城術の特徴である丸馬出し、三日月堀、枡形虎口などの遺構も良好な状態で残る。天竜川を背に城の側面・背面は台地の断崖となっており、前面の空堀がこの断崖へと続いている。また城正面の三日月堀は二重となっており特徴的である。

主な城将は武田信廉(逍遥軒信綱)・日向虎頭(玄徳斎)。武田氏の伊奈谷南部の拠点であり、遠江三河美濃侵攻の兵站基地でもある。天正10年(1582年)3月、織田信忠が信濃に侵攻すると、国人衆が動揺・戦意を喪失し、城将の武田信廉は戦うことなく甲斐へと退却し大島城は自落した。

関連事項[編集]