大多和タカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大多和 タカ(おおたわ たか[1]1893年(明治26年) - 1957年(平成1年)11月)は、日本教育者。松江ミシン裁縫女学院(現・開星中学校・高等学校)創設者[2][3]広島県出身[4]

経歴[編集]

東京日本文化裁縫学院卒[5]1924年、夫音吉とともに島根県松江市中原町に「松江ミシン裁縫女学院」を設立[6]。理事長兼校長として長年経営に関わり、夫亡き後も熱心に教育に当たり、私学の振興に尽力した[7]。その功績から藍綬褒章、勲五等宝冠章、勲四等宝冠章などを受章している[3][8]。  

脚注[編集]

参考文献・ウェブサイト[編集]

  • 大高利夫『学校創立者人名事典』日外アソシエーツ、2007年7月。ISBN 978-4-8169-2058-5
  • 学校法人 大多和学園|開星中学校・高等学校 - 学校概要:略史

外部リンク[編集]