大坂城残石記念公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 大坂城残石記念公園
Stones of Osaka Castle Commemorative Park28bs53.jpg
史跡「小海残石群」
大坂城残石記念公園の位置(日本内)
大坂城残石記念公園
大坂城残石記念公園の位置
施設情報
正式名称 大坂城残石記念公園[1]
事業主体 土庄町
管理運営 土庄町教育委員会
開館 1999年 8月27日
所在地 761-4144
日本 香川県小豆郡土庄町小海甲909-1
位置 座標: 北緯34度32分2.2秒 東経134度14分31.7秒北緯34度32分2.2秒 東経134度14分31.7秒 / 北緯34.533944度 東経134.242139度 / 34.533944; 134.242139
プロジェクト:GLAM

大坂城残石記念公園(おおさかじょうざんせききねんこうえん)は香川県小豆郡土庄町小海(おみ)にある土庄町立の公園である。史跡「大坂城石垣石切り飛びこし丁場跡及び小海残石群」を中心に大坂城残石資料館道の駅道の駅大坂城残石記念公園)およびみなとオアシスみなとオアシス大坂城残石記念公園)の施設などを有している。

概要[編集]

小豆島北岸、土庄町小海の北浦港にある県指定史跡「大阪城石垣石切り飛びこし丁場跡及び小海残石群」と一体化してその西隣に整備された都市公園で、1999年に開園した。開園の際には大坂城築城に携わった大名細川氏の末裔である細川護煕を迎えた。

史跡「大阪城石垣石切り飛びこし丁場跡及び小海残石群」では、1640年代に大坂城修築の用途で近隣の丁場から切り出されて港まで運搬され、船に積まれる予定であった40個の残石が現存しており、それに隣接して大坂城残石資料館の施設群が整備された。

大坂城残石資料館は残石棟、切り出し棟、運搬棟、加工棟、創作体験棟、石と化石の棟、小海の舞台棟で構成されており、史跡「大阪城石垣石切り飛びこし丁場跡及び小海残石群」と小海に点在する大阪城石垣切石丁場の史跡や豊臣秀吉の大坂城築城時から徳川時代の大坂城の石垣に関する古文書を含む資料、および当時の石工の工具などを主に展示する。また運搬棟の屋外では石の運搬に用いた修羅の展示および建設した泊に筏を展示して、大坂城修復当時の巨石輸送の様子を再現している。ほか、石と化石の棟では小海などで産出された化石の展示、小海の舞台棟では伊喜末八幡宮秋祭りの「だし」を展示している。

当公園は、せとうち海の路・北浦港と香川県道26号土庄福田線に接しており、海陸共用の施設であることから、みなとオアシスと道の駅に重複して登録されている。

施設[編集]

  • 香川県指定史跡 大阪城石垣石切り飛びこし丁場跡及び小海残石群
  • 大坂城残石資料館 - 残石棟、切り出し棟、運搬棟、加工棟、創作体験棟、石と化石の棟、小海の舞台棟
  • おみの里 - 軽食コーナー、お土産コーナー
  • 情報コーナー(休憩所)

大坂城残石資料館の利用情報[編集]

  • 開館時間:9:00 - 16:30
  • 休館日:12月29日 - 1月3日
  • 入館料:無料

交通アクセス[編集]

  • 大部港から小豆島オリーブバスで8分の「小海」下車、徒歩2分
  • 土庄港から小豆島オリーブバスで23分の「小海」下車、徒歩2分
  • ヨットやボートでの来場者は、隣接する北浦港ビジターハーバーを利用可

周辺[編集]

  • 大坂城石垣石切とびがらす丁場跡(町指定史跡)
  • 大坂城石垣石切宮ノ上丁場跡(町指定史跡)
  • 大坂城石垣石切北山丁場跡(町指定史跡)
  • 小海の高札場(町指定史跡)
  • 雲胡庵小豆島八十八箇所霊場78番)
  • 王子神社(社叢は県指定天然記念物)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]