大分県立春日浦野球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大分県立春日浦野球場
施設データ
所在地

大分県大分市王子北町

開場 = 1948年2月[1]
所有者 大分県
使用チーム • 開催試合
全国高等学校野球選手権大分大会など
収容能力
約2,000人[1]
グラウンドデータ
球場規模 敷地面積:約23,000m2[1]

大分県立春日浦野球場(おおいたけんりつかすがうらやきゅうじょう)は、かつて大分県大分市王子北町にあった公立の野球場である。略称は春日浦球場

沿革[編集]

1948年2月に、大分県大分市王子北町の旧大分師範学校跡に完成した。社会人野球や夏の高校野球県大会として使用されたが、1980年3月大洲総合運動公園硬式野球場が完成した一方で、本球場は老朽化が進んでいたことから、2005年3月に閉場した[1]

跡地には2007年4月14日に複合商業施設のフレスポ春日浦がオープンしている。フレスポ春日浦の敷地内には春日浦野球場の得点ボードの記念碑が建てられるとともに、フレスポ春日浦の核店舗であるトキハインダストリー春日浦フードスタジアム内には春日浦野球場建設の経緯や開場式、グラウンドの紹介をはじめ、大分県の野球界の歴史を紹介する写真を展示した「春日浦ボールメモリー」が設けられている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 旧春日浦野球場…球児の夢、ボードに宿る 読売新聞、2008年1月17日
  2. ^ 「フレスポ春日浦」全面オープン oitatv.com(大分合同新聞)、2007年4月14日