大休正念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大休正念
1215年 - 1290年
諡号 仏源禅師
生地 温州(浙江省
宗派 臨済宗
寺院 禅興寺建長寺寿福寺円覚寺浄智寺
東谷明光石渓心月
著作 『趙州真際禅師語録』

大休正念(だいきゅう しょうねん、嘉定8年(1215年)- 正応2年11月29日1290年1月11日))は、鎌倉時代から渡来した臨済宗の僧。諡号は仏源禅師。出身は温州(現在の中国浙江省)。

初め東谷明光に師事し、その後径山の石渓心月に参禅してその法を継いだ。1269年幕府執権北条時宗の招聘により来日した。禅興寺建長寺寿福寺円覚寺などに住し、浄智寺を開創している。長期間の日本滞在により鎌倉における禅林の確立に力を尽くし、時宗を初め、子の貞時や時宗の弟の宗政など鎌倉武士に大きな感化を与えた。