夏衍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
夏衍

夏衍(かえん、Xia Yan, 1900年10月30日1995年2月6日)は、中国の劇作家、映画シナリオライター、ジャーナリスト。

浙江省杭州厳家弄(現在の杭州市江干区[1])に生まれる。本名は沈乃煕、字は端先。浙江甲種工業学校で学んだ後、1920年日本に留学、九州明治専門学校などで学ぶ。1927年帰国後中国共産党に参加、左翼文学芸術運動に従事。1935年より「賽金花」、「上海の屋根の下」(上海屋檐下)、「ファッショ細菌」(法西斯細菌)などの戯曲を発表。これらは1930、1940年代中国話劇の代表作とされる。

抗日戦争中は、桂林で「救亡日報」刊行、同紙停刊の後は、「華商報」「新華日報」の編集に従事する。

中華人民共和国建国後は、上海市電影局長、国務院文化部副部長などを歴任。また映画シナリオ「祝福」「林家舗子」などを執筆。 文化大革命中は激しく攻撃され、7年間投獄される。

文革終結後は、中共中央顧問委員会委員などを歴任。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 夏衍「日本回憶 夏衍自伝」「ペンと戦争」「上海に燃ゆ」(いずれも東方書店 阿部幸夫訳)