増井悟朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

増井 悟朗(ますい ごろう、1925年6月7日 - 2015年8月7日)は、大阪市浪速区生まれの宗教家浄土真宗華光会前代表、浄土真宗本願寺派布教使。

略歴[編集]

  • 1925年 - 大阪府大阪市芦原町(現・浪速区芦原)に生まれる。
  • 1942年 - 肺結核を患い療養生活に入る。(当時17歳)
  • 1943年 - 伊藤康善の『仏敵』を読み、獲信(阿弥陀仏から揺るぎない信心を得ること)したとされる。
  • 1944年 - 11月、肺結核が全快し退院。
  • 1945年 - 龍谷大学専門部入学。「華光社」に所属し、創始者である伊藤康善に師事。
  • 1946年 - 伊藤康善より華光誌の編集を引き継ぐ。
  • 1948年 - 龍谷大学専門部卒業、龍谷大学文学部に入学。その後、龍谷大学研究科(真宗学)卒業。
  • 1956年 - 華光会館を建立。
  • 1958年 - 浄土真宗華光会を宗教法人に。
  • 1967年 - 1月、初のアメリカ布教(北米・西海岸方面、ハワイに半年間滞在)
  • 1978年 - 1月、再渡米し布教。以降、毎年継続される。
  • 2015年 - 8月、90歳で死去。法名、釋悟朗。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『親指のふし』(華光会)
  • 『冥加について』(華光会)
  • 『こどもの聖典』(華光会)
  • 『念仏の雄叫び』(法藏館
  • 『廻心の体験』(法藏館)

共著[編集]

  • 『華とひかり』(西光義敞共著、華光会)
  • 『無碍道』(西光義敞共著、華光会)
  • 『巻頭言集・求道の急所』(華光会編集部編、華光会)

外部リンク[編集]