塚本憲甫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塚本 憲甫(つかもと けんぽ、1904年9月16日 - 1974年6月7日)は日本の医学者。専門は放射線医学国立がんセンター総長を務めた。

人物[編集]

東京府生まれ。旧制静岡高校東京帝国大学医学部を卒業。静岡高校時代以来の親友に長沼弘毅がいる。稲田龍吉の内科医局に在籍した後、癌研究会附属病院の放射線科に入りがんの放射線治療にあたる。戦後茅誠司らの薦めで放射線医学総合研究所の二代目所長となる。久留勝の引きで国立がんセンター病院長となり、久留の後任として国立がんセンター総長となるが、自身ががんに罹り総長在職のまま死去。

塚本哲也は長女ルリ子の夫。塚本るり子は、大賀典雄東京芸術大学音楽科で同級生[1]

脚注[編集]

  1. ^ 私の履歴書 復刻版 大賀典雄 第6回日経Bizアカデミー、2015/8/3