塚本慶一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塚本 慶一郎(つかもと けいいちろう、1957年1月5日 - )は、日本の編集者実業家東京都出身。電気通信大学電気通信学部計算機学科中退。

アスキー創業者の一人であり、インプレスの創業者。2012年現在、株式会社インプレスホールディングスの最高相談役を務め、また同社株式の約55%を保有する筆頭株主となっている。

略歴[編集]

  • 1977年 西和彦郡司明郎と共にアスキーを創業。アスキー時代は、西がマイクロソフトとの協業など出版以外の事業に注力する中、アスキーの出版部門を実質的に取り仕切っていたとされる[1]
  • 1987年2月 アスキーの代表取締役副社長に就任。
  • 1991年 アスキーを退社[2]
  • 1992年4月 インプレスを創業、代表取締役社長に就任。
  • 2007年9月 体調不良のため社長を退き、インプレスホールディングス会長となる[3]
  • 2008年6月 インプレスホールディングス会長を退任し最高相談役に就任[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アスキー出版、マイクロソフトと提携 - パソコン創世記 - @IT・2010年3月15日
  2. ^ 人材輩出ならぬ人材流出企業アスキー - nikkeiBPnet・2000年10月10日
  3. ^ 代表取締役社長の異動に関するお知らせ - インプレスホールディングス・2007年9月28日
  4. ^ 役員人事のお知らせ - インプレスホールディングス・2008年5月20日

外部リンク[編集]