基盤地図情報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

基盤地図情報(きばんちずじょうほう)とは、電子地図における位置基準となる情報のこと[1]

概要[編集]

平成19年8月29日に施行[2]された、地理空間情報活用推進基本法(平成19年法律第63号)第2条第3項に「この法律において基盤地図情報とは、地理空間情報のうち、電子地図上における地理空間情報の位置を定めるための基準となる測量の基準点、海岸線、公共施設の境界線、行政区画その他の国土交通省令で定めるものの位置情報(国土交通省令で定める基準に適合するものに限る。)であって電磁的方式により記録されたものをいう。」と定義されている。

基盤地図情報と位置が同じ地図、地理空間情報を国や地方公共団体、民間事業者等が整備することにより、各々の地理空間情報をシームレス(継ぎ目なく)に正しく整合(接合)したり、オーバーレイ(重ね合わせ)することができる。結果、地理空間情報を高度かつ効率的に利用することが可能となる[1][3]

基盤地図情報の項目[編集]

基盤地図情報の情報項目は、国土交通省の「地理空間情報活用推進基本法第二条第三項の基盤地図情報に係る項目及び基盤地図情報が満たすべき基準に関する省令」[4]において、以下の13項目が定められている。

  • 測量の基準点
  • 海岸線
  • 公共施設の境界線(道路区域界)
  • 公共施設の境界線(河川区域界)
  • 行政区画の境界線及び代表点
  • 道路縁
  • 河川堤防の表法肩の法線
  • 軌道の中心線
  • 標高点
  • 水涯線
  • 建築物の外周線
  • 市町村の町若しくは字の境界線及び代表点
  • 街区の境界線及び代表点

整備[編集]

基盤地図情報は、国土交通省国土地理院が中心となって整備を進めており、整備された基盤地図情報は、インターネットにより無償で提供されている。基盤地図情報項目が含まれる主要測量成果は、以下の通りとなっている[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b FAQ|国土地理院”. 国土地理院. 2017年12月31日閲覧。
  2. ^ 地理空間情報活用推進基本法・基本計画とは|国土地理院”. 国土地理院. 2017年12月24日閲覧。
  3. ^ a b 基盤地図情報とは|国土地理院”. 国土地理院. 2017年12月24日閲覧。
  4. ^ e-Gov法令検索”. 総務省. 2017年12月24日閲覧。

外部リンク[編集]