坐摩神社 (大東市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坐摩神社
坐摩神社.jpg
所在地 大阪府大東市平野屋1-9
位置 北緯34度42分27秒
東経135度38分8秒
主祭神 阿須波大神
波比岐大神
社格 村社
創建 不詳
例祭 10月第3日曜日
テンプレートを表示

坐摩神社(ざまじんじゃ)は、大阪府大東市平野屋にある神社

歴史[編集]

創建時期と由緒については不詳。社伝によれば、坐摩神社(座摩太神宮)は享保13年(1729年)に摂州西成郡総社であった。当神社があった地域は元は深野池という大きな池であり、江戸期に行われた大和川の改修によって「深野新田」として干拓された。それにともない、開拓権を真宗大谷派難波別院から譲られた平野屋又右衛門(大坂の豪商/地名として残っている)が守り神として「坐摩神社」(現大阪市中央区)から分霊を勧誘したのが、当神社の由来となっている。

坐摩神(ざま/いかすりのかみ)は通常、生井(いくい)・福井(さくい)・綱長井(つながい)・波比岐(はひき)・阿須波(あすは)の五神をさすが、当神社の大正の記録では阿須波大神、波比岐大神の二神を祭神していると残されている。坐摩神は皇居の守護神であり、また住居守護・旅行安全・安産の神として信仰されている。

なお、坐摩神社の西隣には平野屋会所があったが、2008年に解体された[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]