坂東彦三郎 (3代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さんだいめ ばんどうひこさぶろう
三代目 坂東彦三郎
屋号 音羽屋
定紋 鶴の丸 Tsuru no Maru inverted A.png
生年月日 1754年
没年月日 1828年4月2日
襲名歴 1. 初代市村吉五郎
2. 三代目坂東彦三郎
俳名 橘子・薪水・楽善
別名 半草庵
八代目市村羽左衛門
兄弟 九代目市村羽左衛門

三代目 坂東彦三郎(さんだいめ ばんどう ひこさぶろう、1754年宝暦4年) - 1828年4月2日文政11年2月18日))は、江戸時代中期の歌舞伎役者。屋号ははじめ萬屋、のち音羽屋俳名に橘子・薪水・楽善。

八代目市村羽左衛門の三男で兄には九代目市村羽左衛門がいる。初代尾上菊五郎門人。

宝暦8年11月 (1758) 頃から市村座の若太夫として出る。翌年3月には同座で市村吉五郎を名乗り子役で舞台に立つ。

明和7年11月 (1770) に三代目坂東彦三郎を襲名し、以後若衆方で活躍。8年後に元服して立役に転じた。文化10年 (1813) には完全に舞台を退き、京都黒谷で剃髪した後江戸に帰り、半草庵楽善と号して本所原庭に隠居して余生を送った。晩年風流に書画・俳諧茶道を嗜み余生を過ごした。

時代物より世話物を得意とし所作和事武道を得意とした。