坂下智保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂下 智保(さかした さとやす、1961年7月22日 - )は日本実業家富士ソフト株式会社代表取締役社長。

人物・経歴[編集]

大阪府出身[1]大阪府立四條畷高等学校を経て[2]、1985年神戸大学経営学部卒業[1]野村コンピュータシステム(現野村総合研究所)入社。野村総合研究所ナレッジシステム事業二部長を経て、2004年富士ソフトABC(現富士ソフト)入社。2005年取締役IT事業本部長に昇格。2007年常務取締役代表取締役専務を経て、2011年から代表取締役社長[3][4]を務め、元請けの拡大や、グローバル化を進めるなどした[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「富士ソフト社長に坂下氏 」日本経済新聞2011/9/20付
  2. ^ 「社長就任者(Ⅵ)(2011.09.22)」神戸学術事業会
  3. ^ 取締役プロフィール
  4. ^ 「富士ソフト、社長に坂下智保(さかした・さとやす)氏 」日刊工業新聞(2011/9/21 05:00)
  5. ^ “独立系SIerの雄”の再起を果たす富士ソフト 社長 坂下智保週刊BCN 2012年02月20日vol.1420


先代:
白石晴久
富士ソフト社長
2011年 -
次代:
(現職)