圧縮空気泡消火システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

圧縮空気泡消火システム(あっしゅくくうきほうしょうか-、Compressed Air Foam Systems)とは、圧縮空気を含んだ泡を放射する、消火装置のことである。略称で「CAFS」と呼ばれている。

放水による消火に比べ、泡が定着するため消火力が高く、また泡を使用するため水よりも軽量であり、消火活動による水損被害を抑えることができる。

CAFSは、主に圧縮空気を発生させるコンプレッサ、薬剤を供給、積載するポンプやタンク、水と薬剤と圧縮空気を混ぜ合わせる混合ユニット等で構成されている。

最新の消火システムとして、様々なメーカーがCAFS装備を開発しており,高松市消防局綾川分署などの消防機関で導入が進められている。

本来消火用のシステムであるが、近年、警察庁が、「アドバンストファイヤーファイティングテクノロジー社」によって開発された、個人携行型のCAFSを導入した。 この装備の外見は、「インパルス消火システム」に類似したもので、警察庁では「立てこもり犯、テロ対策用」に導入し、都道府県警察の特殊部隊(SAT)に配備されている。ただCAFSはインパルスとは若干異なり、圧縮空気と消火薬剤等を使用し、付着性の高いドライフォームを発生させるため一旦対象者に付着した泡はなかなか除去できない為、犯人(テロリスト)の動きを一時不能にし制圧には適していると推測される。