土ドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

土ドラ(どドラ)は、2012年4月から2014年9月までおよび2015年4月から2016年3月まで、フジテレビ系列で毎週土曜日23:10 - 23:55(日本標準時)に放送されたフジテレビ制作の連続テレビドラマの放送枠である。

概要[編集]

第1期は土曜23:10-23:55の45分枠で放送された。同時間帯では過去に『土曜ドラマ』が放送されており、約2年ぶり(ただし、2009年秋・冬は海外ドラマだったため、フジテレビ自主制作作品は2009年9月以来2年半ぶり)の連続テレビドラマの放送枠となった。

日産自動車が筆頭提供で、同番組だけのインフォマーシャル「NISSAN ドラマ in ドラマ」[注釈 1]が放送されていた。番組終了後、次の連ドラ枠である「月9」(2013年3月までは日曜日の「ドラマチックサンデー」)作品の予告が放送されていた。

また、提供クレジットでは日産自動車とプロミス(「高校入試」以降)はカラー表示していた。

2014年10月18日より本枠放送時間帯でバラエティー番組『ミレニアムズ』を開始することから、同年9月をもって本放送枠は一旦廃枠となった[1]が、2015年4月から2016年3月までは土曜23:40-翌0:05の25分枠で第2期として再開した[2][3]。第1期とは異なり、概ね約1か月につき1作品の割での放送となった。

またフジテレビ系列で放送される連続テレビドラマの放送枠としては唯一、すべての放送作品について番組連動データ放送が行われない放送枠となった。

2016年4月2日より、東海テレビ制作の新ドラマ枠『オトナの土ドラ』(土曜23:40 - 翌0:35)が新設される[4][5][6][注釈 2][注釈 3]ことから、本放送枠第2期は同年3月26日をもって廃枠。当初は本放送枠を放送時間拡大の上、制作局をフジテレビから東海テレビに移管すると報じられた[7]が、最終的に本放送枠の廃枠、新放送枠の設置となった。

作品リスト[編集]

(無印はフジテレビ〈ドラマ制作センター〉自社製作)

第1期[編集]

2012年[編集]

未来日記-ANOTHER:WORLD-[8](4月 - 6月)
主演:岡田将生
原作:えすのサカエ未来日記』(KADOKAWAカドカワコミックス・エース刊)
シリーズ構成:渡辺雄介
脚本:桑村さや香、早船歌江子、渡辺雄介
プロデュース:藤野良太
演出:並木道子、宮木正悟
主に泣いてます[9](7月 - 9月)
主演:菜々緒
原作:東村アキコ講談社モーニングKC刊)
脚本:野木亜紀子、宇山佳祐
プロデュース:大木綾子
演出:葉山裕記宮木正悟
私と彼とおしゃべりクルマ(単発、9月22・29日) - 制作協力・共同テレビ
主演:桜庭ななみ
脚本:坪田文
プロデュース:石井浩二、岩田祐二
演出:谷村政樹
(特記)当作品は通常の筆頭スポンサー・日産自動車の1社単独協賛だった。
高校入試[10](10月 - 12月) - 制作協力・共同テレビ
主演:長澤まさみ
脚本:湊かなえ
プロデュース:羽鳥健一
演出:星護、北川学
(特記)フジテレビTWOでも7日遅れで放送。

2013年[編集]

カラマーゾフの兄弟(1月 - 3月) - 制作・共同テレビ
主演:市原隼人
原作:ドストエフスキーカラマーゾフの兄弟
脚本:旺季志ずか、武井彩
プロデュース:森安彩
演出:都築淳一佐藤源太村上正典
間違われちゃった男(4月 - 6月) - 制作協力・FILM
主演:古田新太
原作:宅間孝行 『ぴえろ』(東京セレソンデラックス
脚本:宅間孝行
プロデュース:関口大輔、古郡真也
演出:宅間孝行、成田岳、森脇智延
山田くんと7人の魔女(8月 - 9月)制作著作:共同テレビ
主演:西内まりや山本裕典
原作:吉河美希『山田くんと7人の魔女』(講談社週刊少年マガジン掲載)
脚本:小川真
プロデュース:柳川由起子
演出:星護高丸雅隆
ハニー・トラップ(10月 - 12月) 制作著作:The icon
主演:AKIRA
脚本:山岡潤平
プロデュース:高石明彦
監督:七高剛、日比野朗、宮脇亮、水村秀雄

2014年[編集]

ロストデイズ(1月 - 3月) 制作著作:共同テレビ
主演:瀬戸康史
脚本:徳尾浩司、加藤公平
プロデュース:柳川由起子
演出:河野圭太、都築淳一、小木田雅和
ファースト・クラス(第1シリーズ)(4月 - 6月) 制作著作:FCC
主演:沢尻エリカ
脚本:渡辺千穂
プロデュース:小林和紘、及川博則
演出:水田成英、樹下直美、小林和紘、及川博則、岡野宏信
水球ヤンキース(7月 - 9月)
主演:中島裕翔Hey! Say! JUMP
脚本:徳永友一、麻倉圭司、松田沙也
プロデュース:藤野良太
演出:宮木正悟、品田俊介、高橋貴司

第2期[編集]

2015年[編集]

She(4月18日 - 5月16日) 制作著作:共同テレビ
主演:松岡茉優
脚本:安達奈緒子
プロデュース:上久保友貴
演出:山内大典、北坊信一
妄想彼女(5月23日 - 6月20日)制作著作:共同テレビ
主演:広瀬アリス浅利陽介
原案:地主恵亮『妄想彼女-頭の中で作りあげた僕の彼女』(鉄人社刊)
脚本:大野敏哉
プロデュース:後藤庸介
演出:後藤庸介、淵上正人
ラーメン大好き小泉さん(6月27日 - 7月18日)制作著作:共同テレビ
主演:早見あかり
原作:鳴見なる『ラーメン大好き小泉さん』(竹書房まんがライフSTORIA掲載)
脚本:久馬歩阿相クミコ
プロデューサー:久松大地
演出:松木創、池辺安智
ブスと野獣(8月2日(日曜日)[注釈 4] - 9月19日)
主演:矢本悠馬、ゆいP(おかずクラブ
脚本:坂本絵美、村井真也
プロデュース:池田拓也
演出:加藤裕将、髙野舞
テディ・ゴー!(10月10日 - 10月31日)
主演:森川葵
原作:加藤実秋『アー・ユー・テディ?』(PHP研究所PHP文芸文庫刊)
脚本:大北はるか、阿久津朋子
プロデューサー:高田雄貴
演出:西坂瑞城、田中峰弥
トランジットガールズ(11月7日 - 12月26日)制作・著作:イースト・エンタテインメント
主演:伊藤沙莉佐久間由衣
脚本:加藤綾子
プロデューサー:松本彩夏、関友彦
演出:前田真人

2016年[編集]

傘をもたない蟻たちは(1月9日 - 1月30日)
主演:桐山漣
原作:加藤シゲアキ『傘をもたない蟻たちは』(KADOKAWA
脚本:小川真
プロデューサー:江森浩子
演出:河野圭太
武道館(2月6日 - 3月26日)製作著作:共同テレビ、スカパー!
主演:Juice=Juice
原作:朝井リョウ『武道館』(文藝春秋
脚本:和田清人
プロデューサー:清水一幸、長内敦、久松大地
演出:佐藤源太、淵上正人

歴代平均視聴率5傑[編集]

第1期[編集]

順位 番組名 放送年 平均視聴率
1 ファースト・クラス 2014年 8.0%[11]
2 高校入試 2012年 6.9%[12]
3 水球ヤンキース 2014年 6.6%[13]
3 未来日記-ANOTHER:WORLD- 2012年 6.6%[14]
5 カラマーゾフの兄弟 2013年 6.3%[15]

コラボレーションCM[編集]

2012年10月期の『高校入試』から2014年1月期の『ロストデイズ』まで、筆頭スポンサー・NISSANによる土ドラ枠限定のインフォマーシャル「NISSAN ドラマinドラマ」を放送していた。第5弾まではバカリズムが出演。タイトルや内容、出演者などが本編とリンクする部分もある。毎回、特設サイト上で視聴者による投票が行われ、投票数によって今後の展開や結末が変わるストーリーとなっている。第6弾のみバカリズムは出演せず、投票も行われていない。

CMタイトル 本編タイトル 放送日時 主な出演者(☆は本編関係者)
1 NISSAN ドラマinドラマ 高校入試 2012年10月期 バカリズムキムラ緑子
2 バカリーズムの兄弟 カラマーゾフの兄弟 2013年1月期 バカリズム、ミッキー・カーチス、☆滝藤賢一(ナレーション兼任)
3 間違えてバカリの男 間違われちゃった男 2013年4月期 バカリズム、☆宅間孝行南條有香
4 バカリくんと7人の美女 山田くんと7人の魔女 2013年7月期 バカリズム、佐藤すみれ新井ひとみ山田朱莉、吉川千愛、今野杏南岡本夏生浅見千代子、☆西内まりや(ナレーション)
5 バカリー・トラップ ハニー・トラップ 2013年10月期 バカリズム、☆内山理名、☆篠原真衣、☆野波麻帆、南條有香、てんちむ今井りか宮城舞
6 NISSAN Dayzのひみつ ロストデイズ 2014年1月期 釈由美子西田尚美松尾諭、☆瀬戸康史(ナレーション)

第2期では、「ラーメン大好き小泉さん」において、楽天モバイルの協賛によるコラボレーションCMが企画・放送された。

ネット局[編集]

第1期[編集]

放送対象地域 放送局 放送日時 放送系列
関東広域圏 フジテレビ(CX) 土曜 23:10 - 23:55 フジテレビ系列 制作局
北海道 北海道文化放送(uhb) 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県・鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビくまもと(TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS)
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) 日曜 0:50 - 1:35
(土曜 24:50 - 25:35)
フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
遅れネット

第2期[編集]

放送対象地域 放送局 放送日時
関東広域圏 フジテレビ(CX)
制作局
土曜 23:40 - 翌0:05
北海道 北海道文化放送(uhb)
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県・鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS)
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)
フジテレビ系列 土曜23:10 - 23:40枠
前番組 番組名 次番組
ピカルの定理
【水曜22時台に移動して継続】
土ドラ(第1期)
フジテレビ系列 土曜23:40 - 23:55枠
ピカルの定理
【水曜22時台に移動して継続】
土ドラ(第1期)
ミレニアムズ
ミレニアムズ
※23:10 - 23:55
【火曜0:55 - 1:25に移動・縮小して継続】
土ドラ(第2期)
【ここからネットワークセールス枠】
【ここまでフジテレビ制作枠】
オトナの土ドラ
※23:40 - 翌0:35
【ここから東海テレビ制作】
フジテレビ 土曜23:55 - 24:00
My Value My Way
【木曜22:54 - 23:00に移動して継続】
【ここまで関東ローカル枠】
土ドラ(第2期)
【ここからネットワークセールス枠】
【ここまでフジテレビ制作枠】
オトナの土ドラ
※23:40 - 翌0:35
【ここから東海テレビ制作】
フジテレビ系列 日曜0:00 - 0:05枠
LIVE2015ニュース&すぽると!
※0:00 - 1:05
【5分繰り下げ・短縮して継続】
【ここまで報道番組枠】
土ドラ(第2期)
【ここからネットワークセールス枠】
【ここまでフジテレビ制作枠】
オトナの土ドラ
※前日23:40 - 0:35
【ここから東海テレビ制作】

参考・脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 4月から9月までは「ニッサン・ピュアドライブチャンネル」を放送
  2. ^ 同年3月まで平日午後帯に放送の『東海テレビ制作昼の帯ドラマ』廃枠に伴う措置[7][4]
  3. ^ フジテレビ以外が土曜23時台の番組の制作に関わるのは、2005年3月で終了した『グータン〜自分探しバラエティ〜』(関西テレビ制作)以来11年ぶり
  4. ^ 初回は『EAFF東アジアカップサッカー女子・日本×北朝鮮』中継に伴い、放送開始が30分繰り下げのため、日曜日になってからの放送となる。

出典[編集]

  1. ^ オードリーら同世代5組の新バラエティ始動 お笑いナタリー 2014年9月2日閲覧。
  2. ^ フジ 「原点回帰」で大幅な改編宣言「楽しみな改編」 Sponichi Annex 2015年3月6日閲覧。
  3. ^ フジテレビ、新ドラマ枠を発表 次世代の人材発掘へ モデルプレス 2015年3月6日閲覧。
  4. ^ a b 東海テレビ「火の粉」4・2から 土曜ドラマ第一弾 ユースケ主演 Archived 2016年2月14日, at the Wayback Machine. 中日スポーツ 2016年2月15日発行、同年3月12日閲覧。
  5. ^ ユースケ・サンタマリア、9年ぶりの連ドラ主演!ユースケ・サンタマリア×優香、連ドラ初共演! とれたてフジテレビ 2016年2月22日発行、同年3月12日閲覧。
  6. ^ 2016 フジテレビ 春の新番組・特別番組 ドラマ フジテレビ 2016年3月7日発行、同月12日閲覧。
  7. ^ a b 『昼ドラ』51年半の歴史に幕 4月から『土ドラ』へ ORICON STYLE 2016年1月20日更新、同日閲覧。
  8. ^ 新たに生まれ変わる土曜23時枠、『土ドラ』が誕生!! 主演は人気実力俳優の岡田将生! 土ドラ『未来日記-ANOTHER:WORLD-』 Archived 2012年6月11日, at the Wayback Machine. 2012年2月25日閲覧
  9. ^ 『土ドラ』第2弾は東村アキコ原作の漫画「主に泣いてます」!主役はドラマ初出演で初主演となる菜々緒!相手役は中丸雄一(KAT-TUN)! 2012年5月30日閲覧
  10. ^ 『土ドラ』第3弾は湊かなえによるオリジナル書き下ろし脚本!「高校入試」!主演は長澤まさみ! 2012年7月31日閲覧
  11. ^ ファースト・クラス - スポニチ Sponichi Annex 芸能 Archived 2014年4月19日, at the Wayback Machine.、2014年6月23日参照。
  12. ^ 高校入試 - スポニチ Sponichi Annex 芸能、2014年5月6日参照。
  13. ^ 水球ヤンキース - スポニチ Sponichi Annex 芸能、2014年9月22日参照。
  14. ^ 未来日記-ANOTHER:WORLD- スポニチ Sponichi Annex 芸能、2014年5月6日参照。
  15. ^ 名作を初ドラマ化「カラマーゾフの兄弟」 最終回は6・3% - スポニチ Sponichi Annex 芸能、2014年5月6日参照。