国頭義正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国頭 義正(くにとう よしまさ、1916年12月12日[1] - 1981年10月1日[2])は、日本の経営評論家。

鳥取県淀江町(米子市)出身。共同通信記者、大阪タイムス社論説委員、報道部長、編集局長、1949年『経済春秋』を創刊、主宰[3]、ケイザイ春秋社社長。

著書[編集]

  • 『財界新怪物伝 裸一貫からのしあがった11人の侍』池田書店 イケダ3Mブックス 1965
  • 『財界人と出身校 10,000人』池田書店 イケダ3Mブックス 1965
  • 住友商人 情けを知らぬ合理主義者か』光文社 カッパビジネス 1966
  • 『ビジネス・エリート入門 明日の企業をリードするビジネスマンの条件』池田書店 イケダ3Mブックス 1967
  • 『カラーテレビ合戦 ブームを呼ぶ13社の新体制』八雲井書院 1969
  • 『グレーター鐘紡の挫折 起死回生の策はみのるか』徳間書店 トクマビジネス 1969
  • 『自己開発力 君自身をのばす100の原則』徳間書店 トクマビジネス 1969
  • 『統率力 いざという時の指導者』徳間書店 トクマビジネス 1969
  • 『ビジネスマン決断集 そのときキミならどうする』潮出版社 1971
  • 『これがヤクルト』ダイヤモンド社 1972
  • 『京都商法 勝ちのこる会社の秘密』講談社 1973
  • 『子会社 これからの企業発展を担うもの』光文社 カッパ・ビジネス 1974
  • 『日本の社長 全上場千七百社のトップの履歴書』波書房 1974
  • 『企業・視界ゼロ あなたの会社に希望はあるのか』波書房 1975
  • 『大当たり異色商法 どんどん伸びるふるさと企業の秘密』講談社 1976
  • 『企業・買いか売りか 財界不等高線をよむ』波書房 1976
  • 『企業・ライバル地図 激烈な企業競争-最後に笑うのは』波書房 1976
  • 『国頭義正経済時評集』1-2 全文出版 1976-79
  • 『部課長への公開質問状』エフプロ出版 1977
  • 『洋酒業界のゆくえ 熾烈化するシェア争いのすべて』日本実業出版社 1977
  • 『原点の商法 トヨタ松下[要曖昧さ回避]も実践している小林流経営哲学』ごま書房 ゴマブックス 1978
  • 『豊かな管理職への発想』エフプロ出版 1978
  • 『銀行合併 迫りくる金融再編戦争の展望』グリーンアロー・ブックス 1979
  • 『中国を狙う経済戦略 激突する大企業・商社の対中戦略 景気回復の活路となるか!?』日本文芸社 1979
  • 『トヨタの経営法則』ごま書房 ゴマブックス 1979
  • 『80年代に勝つ決断』ごま書房 ゴマブックス 1980
  • 『こんな社長には辞表を出せ 自分の価値を台無しにしないために』太陽企画出版 1981

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、390頁。
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ 『子会社』著者紹介