国際ボクシング連盟ムエタイ世界王者一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国際ボクシング連盟ムエタイ世界王者一覧(こくさいボクシングれんめいムエタイせかいおうじゃいちらん)はプロボクシングの世界王座認定団体「国際ボクシング連盟」(IBF)のムエタイ部門(IBFムエタイ)が認定する世界王者の一覧表である。

ミニフライ級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
1 日本の旗 ナダカ・エイワスポーツジム(吉成名高 2018年9月26日 現行 78 0
タイ王国バンコクの「ラジャダムナンスタジアム」で行われた「Chefboonthum」において、 ローマ・ウッドンムアン(タイ王国の旗 タイ)を1RTKO(レフェリーストップ:左ボディーストレート)で下し、空位の初代王座を獲得。獲得時、吉成は現役のWBCムエタイ世界ミニフライ級王者だった[1][2]

ジュニアライト級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
1 タイ王国の旗 ペットウートン・オー・クワンムアン 2017年12月21日 現行 357 0
タイバンコクラジャダムナンスタジアムで行われた「ラジャダムナンスタジアム72周年記念興行」で、ペットウートンがガオナー・PKセンチャイムエタイジムタイ王国の旗 タイ王国)を5R判定で下し、王座を獲得。
この試合は、ペットウートンの持つラジャダムナンスタジアム同級王座もかけられており、防衛に成功した[3]

ライト級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
1 タイ王国の旗 セクサン・オー・クワンムアン 2017年12月21日 現行 357 0
タイバンコクラジャダムナンスタジアムで行われた「ラジャダムナンスタジアム72周年記念興行」で、セクサンがパンパヤック・シットシェフブーンタム(WBCムエタイ世界同級王者/タイ王国の旗 タイ王国)に5R判定で下し、王座を獲得[4]

ジュニアウェルター級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
1 タイ王国の旗 ダーキー・ルークマカムワン 2018年2月13日 現行 358 0
タイバンコクルンピニースタジアムにおいて、ダーキーがガヤシット・ギャットチャルーンチャイタイ王国の旗 タイ王国)を5R判定で下し、王座を獲得[5][6]

ウェルター級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
1 タイ王国の旗 ピンクラオ・バンコクノイヴィレッジ 2017年12月20日 現行 358 0
タイバンコクスアンルム・ナイトバザールにおいて、ピンクラオがピンガーン・シットシェフブーンタムタイ王国の旗 タイ王国)を5R判定で下し、王座を獲得。
IBFムエタイ初の世界王者になった[7]

ミドル級[編集]

氏名 獲得日 喪失日 在位日数 防衛回数
1 ベルギーの旗モロッコの旗 ユセフ・ブガネム 2018年4月28日 現行 229 0
タイプーケット・「パトンスタジアム」において、ブガネムがパヤックダム・エクストラコールフィルムタイ王国の旗 タイ王国)を3RTKO(戦意喪失によるレフェリーストップ)で下し、王座を獲得。同時に自身の持つフェニックス世界ミドル級王座も防衛した。

関連項目[編集]

出典[編集]