国民連合 (ノルウェー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 ノルウェー政党
国民連合
Flag of Nasjonal Samling.svg
党首 ヴィドクン・クヴィスリング
成立年月日 1933年
解散年月日 1945年
解散理由 ドイツ軍の降伏
後継政党 無し
本部所在地 オスロ
党員・党友数
5万人8千人
政治的思想・立場 ファシズム
反共
反ユダヤ主義
テンプレートを表示

国民連合(こくみんれんごう、ノルウェー語: Nasjonal Samling)は、1933年から1945年の間に存在した、ノルウェーファシズム政党国家統一(こっかとういつ)とも[1]

農民党所属の国防相ヴィドクン・クヴィスリングが、党の柔軟路線に飽き足らなくなり1933年に創設した。政治目標として反共主義、政党廃止、階級闘争の排除、協調組合国家の建設などを掲げており、独自の攻撃部隊を抱え、党員にはそろいの制服を着用させ、ナチスの要人とも密接な関係にあった。経済危機、共産主義に対する恐怖、議会制民主主義に対する不満から、創設直後の総選挙では2万票を得たが、国内の人気はなく、3年後の総選挙では下回った。

1940年からのドイツ軍占領下でも国内は、政界と官界の運営委員会が統治し、ノルウェー唯一の合法政党になっただけだった。しかし、公務員は失業を恐れて党員になり、多くの志願兵を東部戦線に送った。1942年にクヴィスリングが首相となると対独協力を推し進め、ファシズムの確立を目指したが、国民はボイコット、ストライキ、レジスタンス活動で抵抗し、弾圧するもうまくいかなかった。戦況が悪化するにつれ弱体化し、1945年のドイツ軍の降伏により党は消滅、党首のクヴィスリングは処刑された。

脚注[編集]

  1. ^ クビスリング』 - コトバンク-2018年1月10日閲覧

参考文献[編集]

  • 長谷川公昭『世界ファシスト列伝』中央公論新社・中公新書ラクレ、2004年[要ページ番号]