国井重典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国井 重典(くにい しげのり、1913年大正2年)3月12日 - 1953年昭和28年)12月27日)は、日本政治家、旧鶴岡市第7代市長

略歴[編集]

1913年(大正2年)山形県飽海郡酒田町(現・酒田市)に鐙谷一郎の4男として生れ、 国井家の養子となる。1930年(昭和5年)山形県立酒田中学校(山形県立酒田東高等学校)を卒業する。 1936年(昭和11年)に早稲田大学法学部を卒業。卒業後は 鶴岡水力電気株式会社に入社する。 1946年(昭和21年) 加藤精三市長の下で鶴岡市助役に就任し、 鶴岡市消防長も務める。 1951年(昭和26年)4月 鶴岡市会議員に当選する。 1952年(昭和27年)10月に 鶴岡市長に当選する。 1953年(昭和28年)、 同職在任中に死去した。

親族[編集]

  • 兄:風間慶三 - 荘内銀行専務取締役、鶴岡商工会議所会頭

参考資料[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
加藤精三
Flag of Tsuruoka, Yamagata.svg 鶴岡市長
第7代:1952年-1953年
次代:
松木侠