和編鐘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
和編鐘
各言語での名称
Wahensho
和編鐘
三重県 六華苑にて撮影
分類

打楽器

和編鐘(わへんしょう)は、中国2400年前の祭器 編鐘(へんしょう)を日本的にアレンジした楽器。

枠に逆さに吊り下げた銅合金製のを、マレット等で叩いて音を鳴らす。

成り立ち[編集]

株式会社山口久乗(やまぐちきゅうじょう)製作の「久乗編鐘」の鐘を使用して、2003年「世界水フォーラム」で演奏された。

その後、有機音工房が演奏しやすい形に設計し、2010年に現在の「和編鐘」の形となった。

  • 鐘を39個に増やし、従来の1オクターブから3オクターブまで演奏可能となった。
  • 和編鐘は音を鳴らした後響きを止める構造を持たないため、響きを残す奏法を可能とした。
  • 西洋音階主体に鐘を並び替え、それに合わせて枠を設計したことで、グリッサンド、トレモロ等の奏法を可能とした。
和編鐘イメージ図

特性[編集]

叩いて音を鳴らした後、鐘に触れて響きを止めることはせず、数々の音の混ざり合った残響も楽しまれる。

演奏に適した場所[編集]

ホールなどの音響効果が工夫された場所よりも、日本の伝統的な木・紙・土など自然素材で造られている建物などで、音がよく響く。

また、閉じられた空間ではなく、屋根のある空間で空気が流れていく場所もよい。

波動の効果[編集]

和編鐘の音は、波動が耳だけでなく身体全体に降り注ぐため、身体の細胞も振動する。音と波動が一つになって「和編鐘の響き」を生み出している。

構造と音の場所[編集]

(図を参照)1オクターブ分(13個)の鐘を1台の枠に吊り下げ、低音部、中音部、高音部の計3台を使用して演奏する。

演奏の注意点[編集]

和編鐘の奏法

上の部分ではなく、鐘の淵に近い部分を打って鳴らす。

打った後にバチを持ち上げることで、より音を響かせることができる。

CD・DVD作品[編集]

  • 2008年3月10日 編鐘 水の祈り(CD)
  • 2019年12月7日 和編鐘へのいざない ―森羅の音・万象のひびき―(CD)
  • 音で紡ぐ 長良川(DVD)
  • 京音絵巻(CD)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]