吹上温泉 (鹿児島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Hot springs 001.svg吹上温泉
温泉情報
所在地 鹿児島県日置市吹上町湯之浦
交通 鉄道:JR鹿児島本線伊集院駅下車、鹿児島交通バスで約40分
泉質 単純硫黄泉
泉温(摂氏 43 ℃
テンプレートを表示

吹上温泉(ふきあげおんせん)は、鹿児島県日置市吹上町湯之浦(旧国薩摩国)にある温泉。別名湯之浦温泉伊作温泉[1]

泉質[編集]

若干、硫化水素成分が含まれる。

温泉街[編集]

吹上温泉は南薩地方、とりわけ西部の人に好まれてきたいで湯であり、素朴な温泉街が情緒を醸し出している。西方には日本有数の砂丘、吹上浜が広がっており、その近くには国民宿舎がある。

共同浴場は7軒存在する。

歴史[編集]

詳しい歴史は分かっていないが、地元の人らは馬の洗い水としてこの湯を使っていたという。以前は伊作(いざく)温泉と呼ばれていた。多くの文人に好まれ、西郷隆盛斎藤茂吉らが訪れたことがある。また、戦時中には特攻隊員らが最後に過ごした場所でもあり、遺品などを展示する旅館もある。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本歴史地名体系 47 鹿児島県の地名』 平凡社、1998年。ISBN 4-582-49047-6 pp.293-294

関連項目[編集]