含油軸受

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

含油軸受(がんゆじくうけ,Oil-impregnated Bearing)は焼結金属、成長鋳鉄合成樹脂等の多孔質(空孔のある)材料潤滑油を含浸して、つくられた軸受のことである。すべり軸受の一種。

潤滑油は、運転時の温度上昇で、膨張することによって、軸受すきまに供給され、潤滑作用をはたす。温度低下時は潤滑油は再び軸受内部へ戻るため、長期的な使用が可能となる。

特長[編集]

  • 低コスト、低騒音、放熱性が良く振動も少ない

用途[編集]