向氏宜湾殿内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

向氏 宜湾殿内(しょううじ ぎわんどぅんち)は、唐名・向嗣孝、前川親方朝年を系祖とする琉球王国士族(首里士族)。王国末期に宜野湾間切(現・宜野湾市)の総地頭を務めた琉球王国の大名小禄御殿の支流(分家)。

概要[編集]

系祖の六世・朝年は、小禄御殿四世・(大)具志頭王子朝盛の次男、島尻大里親方朝成の四男である。11世・朝昆、12世・朝保は、共に三司官を務めた。朝保は、明治維新慶賀使の副使を務めたが、尚泰王を琉球藩王にするとの大命を受けたため、帰国後売国奴として非難され、不遇の晩年を送った。『沖縄三十六歌仙』を編纂するなど、自身も歌人として著名。尚泰王の次男・尚寅が宜野湾王子を称したので、同じ家名を避けて宜湾に改めた。

系譜[編集]

  • 六世・前川親方朝年
  • 七世・前川親方朝邑
  • 八世・前川親方朝夷
  • 九世・朝宜(家名称号不明)
  • 十世・朝亮(伊是名親方)[1]
  • 十一世・宜野湾親方朝昆
  • 十二世・宜湾親方朝保
  • 十三世・宜野湾親雲上朝邦
  • 十四世・宜湾里之子朝松

脚注[編集]

  1. ^ 『沖縄県姓氏家系大辞典』395頁、「伊是名」の項参照。

参考文献[編集]

  • 沖縄県氏姓家系大辞典 編纂委員会 『沖縄県氏姓家系大辞典』角川書店、1992年(平成4年)。ISBN 978-4040024707 
  • 宮里朝光(監修)、那覇出版社(編集) 『沖縄門中大事典』那覇出版社、1998年(平成10年)。ISBN 978-4890951017 
  • 比嘉朝進 『士族門中家譜』球陽出版、2005年(平成17年)。ISBN 978-4990245702 

関連項目[編集]