名和敏光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名和 敏光(なわ としみつ、1962年 - )は、中国思想史研究者、山梨県立大学国際政策学部准教授[1]

概要[編集]

神奈川県生まれ。二松學舍大学大学院文学研究科中国学専攻博士後期課程単位取得満期退学。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部講師(非常勤)、山東大学教授(兼職)等。

現在、馬王堆漢墓帛書『陰陽五行』甲乙篇の綴合等、出土資料、日書の研究を行っている。

中国出土資料学会理事(前々会長・前副会長)、日本道教学会評議員。

小川 陽一(東北大学名誉教授)は伯父である[要出典]

出典[編集]

  1. ^ 教職員プロフィール”. 山梨県立大学. 2017年10月25日閲覧。

外部リンク[編集]