吉弥侯横刀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉弥侯 横刀(きみこ の たち、生没年不詳)は、奈良時代後半の官人毛野氏の一族またはその部曲の子孫で、氏姓は吉弥侯[1]のち下毛野朝臣。系譜は明らかでないが、外従八位下・吉弥侯垂麻呂の子とする系図がある[2]

光仁天皇宝亀10年(779年)正月、従六位下から従五位下に叙せられ、同年9月近衛将監に任じられた。桓武天皇即位後の延暦2年(783年)正月には精勤を認められて従五位下の位を授けられ、同年2月上野介に就任し、3月には一族の(一説では弟[2])夜須麻呂と共に「下毛野朝臣」姓が賜与された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』延暦2年3月条の賜姓記事に、 に関する表記が無く、無姓であったと考えられる。
  2. ^ a b 中田憲信『皇胤志』(宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会,1986年 による)。