合衆国輸出入銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
合衆国(米国)輸出入銀行
US-ExportImportBank-Seal.svg
組織の概要
設立年月日 1934年2月2日
本部所在地 ワシントンD.C.
人員 395人(2006年度)
行政官 Fred Hochberg
(Chairman and President)
ウェブサイト

合衆国(米国)輸出入銀行 (Export-Import Bank of the United States,Ex-im Bank) は、アメリカ合衆国連邦政府が設立した輸出信用機関である。

輸出入銀行の使命は貿易金融を通じて合衆国の輸出を確保し、もっと雇用を維持することである。連邦議会より2006年に期間5年の免許を受けた。

歴史[編集]

輸出入銀行は1934年に行政命令によって設立され、1945年に連邦議会により信用リスクを許容できない顧客のために合衆国の製品を買い付ける資金を融資し、または保障を与えることを設立目的とする独立機関として改組された。

輸出入銀行は政治的リスクを引き受けながら経営される。同業の民間銀行と競合が起きることはまれである。

ハリー・S・トルーマンの1949年1月20日一般教書演説第4項目で後進地域の開発を援助する計画がうたわれ、その具体化として輸出入銀行を通じて資金・技術援助がなされた。しかし、協定の条件は過酷であり、相手国に反共体制を構築しようという外交方針が明確であったので、歓迎されず、教書にうたいあげたような貢献を果すことはできなかった。

日本戦後初の外債3000万ドルが1959年に発行されるより早く、1957年で8月16日に1500万ドルの、9月27日に6000万ドルの借款を提供している。さらに翌年8月29日にも6000万ドルを追加した。なお、フランス等にも復興支援をしている。

外部リンク[編集]