史培軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

史 培軍(し ばいぐん、史培军1959年3月10日 - )は、自然地理学、環境変動、自然災害などをおもな研究対象とする中華人民共和国地理学者北京師範大学教授[1]北京師範大学で常務副校長を務め、他にも大学内外で多数の役職に就いている[2]。北京師範大学党委員会常任委員でもある[3]

また、史は、中国国家減災委専門委員会の副主任でもあり、地震災害などが発生した際にコメントが報道されることもある[4]2008年四川大地震が発生した際には、国家汶川地震専門家委員会副主任として記者発表などにあたった[5]

経歴[編集]

陕北中国語版陝西省北部)出身[3][6]

1978年3月から1982年2月まで、内モンゴル師範大学中国語版に学び、次いで1982年2月から1984年10月まで中国科学院蘭州沙漠研究所、1986年9月から1988年12月まで北京師範大学地理系で大学院課程を終え、理学博士を取得した[1][6]

1988年に北京師範大学地理系の副教授となり、1992年に教授に昇任した[6]

1995年9月から1996年9月まで、カリフォルニア大学バークレー校に留学した[1]

1997年1月に北京師範大学資源科学研究所所長となり(2003年まで)、1999年には副校長となった[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 基本信息”. 北京师范大学地表过程与资源生态国家重点实验室. 2018年3月29日閲覧。
  2. ^ 史培军”. “未来地球计划”中国委员会. 2018年3月29日閲覧。
  3. ^ a b 史培军”. 中国互联网新闻中心. 2018年3月29日閲覧。
  4. ^ 唐山地震30周年で犠牲者追悼行事開催へ、死者24・2万人余り”. 中国通信社 (2006年5月23日). 2018年3月29日閲覧。
  5. ^ 田中修 (2008年9月21日). “四川大地震と中国経済”. ChaseChina and Asia Ltd.. 2018年3月29日閲覧。
  6. ^ a b c d 史培军--北京师范大学-北京师范大学常务副校长介绍”. www.IP138.com 查询网. 2018年3月29日閲覧。