台北捷運321型電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
台北捷運C321型電車から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
台北捷運321型電車
321型(板南線にて)
321型(板南線にて)
基本情報
製造所 ドイツの旗シーメンス(1998年-1999年)
主要諸元
編成 6両編成36本(216両)
軌間 1,435 mm
電気方式 直流750V/第三軌条集電
最高運転速度 80 km/h
設計最高速度 90 km/h
起動加速度 3.6 km/h/s
減速度(常用) 3.6 km/h/s
減速度(非常) 4.7 km/h/s
編成定員 1,914
編成重量 226t
全長 中間車:23,500mm
先頭車:23,710 mm
全幅 3,200 mm
全高 3,600 mm
制御装置 GTO VVVFインバータ制御シーメンス製)
制動装置 回生ブレーキディスクブレーキ自動空気ブレーキクノールブレムゼ製)
保安装置 ATO(ATC)、ATP(ATS)
テンプレートを表示
製造銘板(シーメンスSGP)
製造銘板(シーメンス)

321型電車(たいぺいしょううん321がたでんしゃ)、またはC321型電車台北都会区大衆捷運系統(台北捷運)で運用されている通勤型電車である。

概要[編集]

ゴムタイヤ式の文湖線を除く路線で運用されている通常規格の高運量電車としては301型に次ぐ2世代目にあたり、中和線新店線南港線の開業に備えて36編成72組216両が配備された。シーメンス(現シーメンス・モビリティ)が製造している。 90年代末から2000年代初頭にかけてポルシェデザイン・スタジオ監修でシーメンスが展開していた都市鉄道車両用コンセプトモデル『Modular Metro(モジュラー・メトロ)』採用となった。

一部の製造はシーメンスの子会社で、オーストリアウィーンを拠点とするSimmering-Graz-Pauker AG/SGP Verkehrstechnikで行われている[1]

台北市政府捷運工程局の機電工程入札番号CH321(新店線・11編成)、CC361(中和線・8編成)、CN331(南港線・17編成)[2])が形式名としての由来。実際の車両番号とは必ずしも一致しない(下記#編成参照)。またその後の配備再編のため、板南線専属となっている。

設計[編集]

前面が白のFRPで、川崎重工業製の301型との違いとなっている。

内装面では先代及び同局他形式と大差なく、標準的なものとなっている。後の更新工事時に次世代の341型と同様の転落防止策、車外側面、車内ドア上の行先案内をフルカラーLEDへ変更などがなされた。

編成[編集]

制御電動車 - 中間付随車 - 中間電動車の3連ユニットで2ユニットを前後に連結して4M2Tの6両編成としている。号車表示は当欄における便宜的なものであり、xxは奇数を、yyは偶数を意味する。

117/118編成は2014年台北捷運江子翠駅通り魔事件の現場となったため、事件後運用から外れて車内消毒、内装などの一式交換を経て175/176編成と改番のうえで翌2015年に運用復帰した[3]。173/174が空き番となったのは、「一七三/一七四」の音(Yīqīsān / Yīqīsì)が中国語の「一起殺/一起死(Yīqǐshā / Yīqǐsǐ)」と似ていて事件を連想させることを回避したとされている[3]

  321型
号車 1
DM1
2
T
3
M2
4
M2
5
T
6
DM1
形式 11xx
(Mc)
21xx
(T)
31xx
(M2)
31yy
(M2)
21yy
(T)
11yy
(Mc)
客室設備 バリアフリー・アクセス バリアフリー・アクセス
搭載機器 VVVF,BC,CB CP,Mtr,SIV VVVF,BC,CB,CP VVVF,BC,CB,CP CP,Mtr,SIV VVVF,BC,CB
車体重量(t) 39.5 34 39.5 39.5 34 39.5
座席定員 66 66 66 66 66 66
車両定員 368 368 368 368 368 368
1998年 101 102
: :
115 116
117→175 118→176
119 120
: :
137 138
1999年 139 140
: :
171 172
範例

配属・運用[編集]

土城機廠中国語版南港機廠中国語版

関連[編集]

参考資料[編集]

(繁体字中国語)(台北市政府捷運工程局)第一節 車輛工程

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ (英語)Heavy Rail
  2. ^ (繁体字中国語)台北都會區大眾捷運系統路網中,各路線所採購之列車數為何?”. 台北市政府捷運工程局機電系統工程處 (2014年10月28日). 2015年9月5日閲覧。
  3. ^ a b (繁体字中国語)鄭捷列車改編號 去年7月重回板南線2016-04-07,中天電視/Youtube

外部リンク[編集]