古谷七五三次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

古谷 七五三次(ふるたに しめじ、1932年 - )は前学校法人大阪産業大学理事長。

経歴[編集]

1955年大阪経済大学経済学部卒業。1956年大阪鉄道高等学校(現大阪産業大学附属高等学校)に入り、校長を歴任し、後に学校法人大阪産業大学評議員・理事を歴任し、1993年に同学校法人の第6代理事長に就任。

就任後、大阪桐蔭中学校の基盤の整備や、大阪産業大学の経営学部流通学科、経済学部国際経済学科、人間環境学部文化環境学科・都市環境学科、大学院経営・流通学研究科などの増設で総合大学化を推進。新産業研究開発センターの設置、産官学連携の推進なども行った。

これらが評価され2003年に旭日中綬章を受賞。

2009年、体調不良を理由に理事長職を退く。

その後[編集]

1999年から2008年にかけ、古谷及び2人の常務理事が、金融派生商品(デリバティブ)取引などで巨額の損失を生じさせたことが、古谷の理事長退任後に明らかになった。2013年に大学側は、古谷ら3人に対し約1億9,000万円の支払いを求め、大阪地裁に訴訟を起こした[1]

脚注[編集]

  1. ^ 大産大:「金融取引で巨額損失」 元理事長ら提訴 毎日新聞 2013年5月15日